渡邉大輔『明るい映画、暗い映画 ー21世紀のスクリーン革命ー』

明るい映画、暗い映画 ー21世紀のスクリーン革命ー

渡邉大輔『明るい映画、暗い映画 ー21世紀のスクリーン革命ー』

気鋭の批評家・映画史研究者である渡邉大輔による初の評論集。インターネット、スマートフォン、SNS、Zoom、VR、AR、GoPro……新たなテクノロジーによって21世紀の映画はどのように変容したのか? 「明るい画面」と「暗い画面」という見立てから、これからの映画の可能性を読み解く画期的論考を収めた第1部、『君の名は。』『天気の子』『鬼滅の刃』『ドライブ・マイ・カー』など、話題のアニメ・映画を鋭く論じた第2部、合計328頁のボリュームでお届けする。

発売:2021年10月3日
定価:2,750円(本体2,500円+税)
発行:株式会社blueprint
仕様:四六判/327ページ
ISBN:978-4-909852-19-9 C0074