役者、映像作家、執筆家として
幅広い活躍を続ける小川紗良が
“宝物の数々”を詰め込んだフォトエッセイ。

映画、アニメ、ハロプロなど
彼女を形作ったカルチャーたちへの愛、
思春期の葛藤を赤裸々に書き記したエッセイを50ページ超収録。

初長編監督作『海辺の金魚』の“メイキング”
というべき
描き下ろし特別絵日記

写真家・増田彩来とのふたり旅で
さらけ出した
素顔を記録した写真

恩師・是枝裕和監督との対談

25歳を迎えた小川紗良の魅力が
たっぷりと詰まった一冊

猫にまたたび 書影

猫にまたたび

著者:小川紗良
発売日:2021年12月1日
ISBN:978-4-909852-22-9 C0076
仕様:B5変形/152ページ
定価:2,970円(本体2,700円+税)
出版社:株式会社blueprint

購入する

blueprint book store限定
本人直筆サイン入りフォトエッセイにL版写真の特典付き

※特典のL版写真は3種類のうちのいずれか1種類がランダムで封入されます。ご指定いただくことはできません。

特典写真1
特典写真2
特典写真3

インタビュー

Coming Soon

イベント

Coming Soon

小川紗良

小川紗良(おがわさら)

役者、映像作家、執筆家。
NHK朝の連続テレビ小説『まんぷく』などの作品で役者として活動しつつ、監督作品『海辺の金魚』はウディネ・ファーイースト映画祭や全州国際映画祭などの映画祭に正式招待され、執筆した小説版『海辺の金魚』が話題になるなど、将来が期待される若手クリエーターの1人である。

hidden

©blueprint.