『PRODUCERS’ THINKING “衝撃作”を成功に導いた仕掛け人たちの発想法』  

71Z9iupZmXL

『フラッシュバックメモリーズ 3D』『劇場版 BiSキャノンボール2014』『私たちのハァハァ』など、
映画界の常識を打ち破る作品を次々とプロデュースしてきた、スペースシャワーTVの映画プロデューサー・高根順次による初の著書。

なぜ今、エンタメ業界ではプロデューサーが重要視されるのか? それはどんな仕事なのか?
人の心を揺さぶる傑作を生み出すには、いかなる知恵と工夫が必要なのか?

特大ヒットドラマ『逃げ恥』、佐村河内守のゴーストライター問題に迫った『FAKE』、
インディーズ作ながら絶大な評価を得た『この世界の片隅に』、独自の世界観でJポップシーンに新たな風を吹かせた「水曜日のカンパネラ」、
岡本太郎の巨大壁画に原発の絵を描き添えて賛否両論を巻き起こした「Chim↑Pom」など、
数々の“衝撃作”の仕掛け人たちに取材を行い、クリエイターや作家とはまた異なる、独自の“仕事哲学”を浮き彫りにする。

「好きなことで、生きていく」ための知恵と勇気が込められた、まったく新しいプロデュース論!

【書籍概要】
単行本: 288ページ
出版社: blueprint
言語: 日本語
ISBN-10: 4773405031
ISBN-13: 978-4773405033
発売日: 2017/4/28