『正義から享楽へー映画は近代の幻を暴くー』

miyadai

社会学者・宮台真司がリアルサウンド映画部にて連載中の『宮台真司の月刊映画時評』を加筆・再構成し書籍化した映画批評集『正義から享楽へー映画は近代の幻を暴くー』を刊行しました。同書では、『シン・ゴジラ』『クリーピー 偽りの隣人』『バケモノの子』『ニュースの真相』など、2015年から2016年に公開された作品を中心に取り上げながら、いま世界に生じている変化などを紐解いている。さらに、黒沢清、富田克也&相沢虎之助との特別対談も収録しています。

本書については、下記までお気軽にお問い合わせください。

■出版概要
『正義から享楽へー映画は近代の幻を暴くー』
著者:宮台真司
発売日:2016年12月27日
価格:1800円(税抜)
発行:株式会社blueprint
発売:垣内出版

■お問い合わせ先
株式会社blueprint 03-6452-5160
『正義から享楽へー映画は近代の幻を暴くー』担当者まで

■関連記事
宮台真司×黒沢清 対談:黒沢作品における“取り残された者の呪い”をめぐって

宮台真司はなぜ映画批評を再開したのか? 『正義から享楽へ』刊行記念インタビュー